大規模修繕工事

日東が大規模修繕工事において選ばれる理由

日東が選ばれる理由は、“絆”を軸とした大規模修繕工事への強いこだわりを持っているからです。
長年にわたり多くのみなさまから厚い信頼を寄せていただいている当社が、創業当初より大切にしてきた“絆”についてご紹介します。

お客様 との “絆”

“いつもの暮らし”を守る。
住民のみなさまへ配慮した誠実な工事

大規模修繕工事は住民のみなさまが日常生活を送るなかで行います。いつもの生活が送れず、住民のみなさまがストレスを感じたり我慢を強いられるような工事であってはいけないと考えます。

我が社では大規模修繕工事をサービス業と捉え、工事中の安全管理はもとより、現場スタッフの教育や協力業者へのマナー指導、工事中の不安や疑問を当社社長に直接届けることができる直通ハガキ「社長直行便」の設置など、住民のみなさまの“いつもの暮らし”を守るきめ細かなサービスを意識的に行なっています。たとえ工事中であっても、住民のみなさまや周辺住民の方々までも快適に過ごすことができるよう、最大限の配慮と誠実な工事を心がけています。
スタッフ との “絆”

「日東ブランド」=「人」。
やりたい気持ちを尊重し、社員の人間力を磨く

会社をつくるのは、人(社員)です。社員一人ひとりが充実した人生を送ることができなければ会社は成長できません。売り上げなど数字に頼った評価だけでなく、社員の仕事内容を細かく視覚化し、フィードバックするなど“評価の見える化”を実行。積極的な面談を実施し、社員の目標や能力にわせた適材適所の人材配置、必要であれば資格取得やその勉強に必要な費用は会社が負担するなど、社員のやりたいことに全力でバックアップする体制を整えています。

こうした取り組みは、現場で高いパフォーマンスを発揮する“人間力”を養い、お客様からも社員に対するお褒めの言葉をたくさんいただけるようになりました。これからも、「人」を大切にした日東ブランドの確立に力を注いでいきます。
施工物件 との “絆”

アフターメンテナンスまできっちりと。
長期的な目線で施工物件を守る

建物の資産価値を維持するためには、定期的な点検によって修繕箇所を早期発見するアフターメンテナンスが重要だと考えます。工事後数年足らずではわからないような小さな不具合を見極め、次回の工事へ向けた的確な提案ができるのは、長年補修・改修工事の最前線で培った実績と知識、高い技術力に自信がある日東だからできること。

施工物件を長期的な目線で見守り、「次の工事も日東に頼みたい」と言っていただけるような末長いおつきあいにつなげていきたいと思っています。

大規模修繕工事への取組み

株式会社日東は、豊富な大規模修繕工事の実績を活かし、大規模修繕工事でより快適な環境づくりに協力いたします。工事管理体制は経験豊富な現場代理人を中心にお客様との打合せを行って工事を進めてまいります。また、防水や下地補修・タイル補修など当社が考える重要工事においては、当社既定の技術力をもった技術者を配置し、各所の補修に対し適材適所で作業いたします。
品質管理代表者を筆頭に、複数の技術者による検査を各工程ごとに実施し、ご満足いただける品質を提供します。
安全管理施工方法の検討会を実施し確実な安全作業を行います。
また協力業者の教育も確実に行います。
工程管理毎月・週・日、進捗状況を確認し、工期内完工のための速やかな対応を行います
緊急連絡体制万が一の緊急事態に対して、早急に対応できる体制を整え、安全第一で工事を進めてまいります。